国内最高級ファブリックブランド「Sumiko Honda」のソファーが登場

投稿者: | 2018年10月2日

 カリモク家具が展開する、プレステージブランド「ドマーニ」と、川島織物セルコンが誇る最高級ブランド「Sumiko Honda」(スミコホンダ)がコラボレーション、「ドマーニ」から「Sumiko Honda」の生地を採用したソファーが登場しました。

「Sumiko Honda」は、川島織物セルコンのトップデザイナー・本田純子さんが、企画・デザイン・設計・プロデュースまでのすべてを手がける、国内最高級ファブリックブランドです。「日本の四季を愛でる」をコンセプトに、四季の移ろいや、光と陰、水や空気の流れなど、日本ならではの自然の情景を、得意とする織物設計技術を存分に活かし、植物の微妙な濃淡などを織物の魅力を最大限に惹きだしています。

デザイナーの本田純子さん

そんな最高級ファブリック、これまではカーテンやクッションとして提供されていましたが、今回はカリモク家具の「ドマーニ」とコラボレーションすることによって、ソファーにも登場しました。採用されたのは2018年新作「ヴェルゴラート」です。

またあわせてラグも両社が共同開発、カーテンとクッション、ソファー、ラグまでトータルインテリアコーディネートを楽しめることになりました。

 

川島織物セルコンのホームページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です